2024年6月2日 日本で唯一のプロフットサルチーム名古屋オーシャンズの試合のオープニングで演奏しました。

雅楽だけでなくロックバンドと新体操も掛け合わせたステージを演出し、史上初となるコラボレーションを実現、会場を盛り上げるとともに不思議な世界へいざないました。

2024年2月18日 雅楽松風会雅楽 第五回定期演奏会(不二羽島文化センター)を開催しました

<演目>

振鉾三節

青海波一具(管絃舞楽/輪臺四帖/青海波五帖/垣代40名/大輪小輪)

退出音声 千秋楽

客演 豊英秋師(元宮内庁式部職楽部首席楽長、日本芸術院会員)、豊靖秋師(第45代豊家当主)

2024年大河ドラマ「光る君へ」の放映に合わせて、源氏物語でもっとも有名な舞楽「青海波」の上演を行いました。物語でも光源氏栄華の象徴として描かれる第七帖「紅葉賀」において光源氏と頭中将が「青海波」を舞います。このシーンでは40名の垣代作法や詠の美しさなどが細かく描写されていますが、その全容を見た人は現代にはいません。今回は故実に基づき、源氏物語の情景そのままに総勢66名による組曲「青海波」の全容を復元しました。高さ5mを超える鼉太鼓を舞台の左右に配置し、圧巻の舞台をお楽しみいただきました。

2023年2月12日 雅楽松風会雅楽 第四回定期演奏会(岐阜市文化センター)を開催しました

<演目>

管絃 盤渉調 青海波、越殿楽残楽三返

特別演奏 縒合

舞楽 右方 林歌、左方 喜春楽一具

客演 安齋省吾師(元宮内庁式部職楽部首席楽長)

今回は特別演奏として安齋省吾師(元宮内庁式部職楽部首席楽長)をお招きし、御神楽で演奏される合音取「縒合」を上演しました。舞楽では鼠をかたどった刺繍のほどこされたかわいらしい「林歌」、左方は喜春楽を一具(全曲通して)を上演しました。特に喜春楽序の楽曲は珍しく、上演回数もすくない、名曲です。

2021年8月22日 雅楽松風会雅楽 第三回定期演奏会(岐阜市文化センター)を開催しました

<演目>

管絃 双調 鳥破(延只八拍子)、鳥急(早八拍子)

特別演奏 催馬楽 美濃山

舞楽 左方 胡飲酒一具(序退吹/破七帖)

客演 大窪永夫師(元宮内庁式部職楽部首席楽長)

管絃稀曲「鳥破」、そして催馬楽の中でも岐阜ご当地の曲である「美濃山」を上演しました。また、舞楽 胡飲酒では序を古式にならい退吹で、破を楽譜上伝承されている七帖(曲を7回繰り返す)での上演を行いかつて演奏されていたであろう胡飲酒の演奏の全てを上演しました。

2021年4月15日 松風会雅楽コンサート~春はあけぼの楽なおよし~(プリニーの市民会館ロビーコンサート)を開催しました

2021年1月5日 新春を寿ぐ雅楽演奏会(岐阜県文化芸術活動応援助成事業)を開催しました。


2020年10月3日 手力雄神社観月会開催しました。

2021年3月27日 手力雄神社観桜会開催しました。

2020年8月23日 雅楽松風会第二回定期演奏会を開催しました。新型コロナウイルス感染予防を施しながら、雅楽公演初のライブ配信も行いました。